たっぷり【全粒粉】で作るバナナとクルミのマフィン

マフィンアイキャッチ

全粒粉でつくるマフィン

手軽にできて、美味しいのがマフィンの特徴だと思います。

今回は、全粒粉を50%配合した、小麦の風味が香ばしい、歯切れの良い「ほろっ」とした食感のマフィンのレシピです。

生地の中には、バナナとクルミを入れました。バナナの自然な甘みと、クルミのカリッとした食感の相性が美味しいです。

シンプルな材料の作りやすいレシピですので、是非作ってみて下さい。

・全粒粉については、こちらで詳しく解説しています。
小麦、全粒粉「全粒粉」ってなに?

YouTubeでも紹介しています。是非ご覧下さい。

材料(8個分)

  • 無塩バター・・・120g
  • グラニュー糖・・・120g
  • 卵・・・1個
  • 牛乳・・・100g
  • 薄力粉・・・100g
  • 全粒粉・・・100g
  • ベーキングパウダー・・・4g
  • 塩・・・ひとつまみ
  • バナナ・・・80g
  • クルミ・・・60g

下準備

・薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておく。
・卵を常温にもどす。(時間がなければ、ぬるま湯で温める。)
・オーブンを190℃に予熱しておく。
・マフィン型に敷くカップを用意しておく。(ここでは、クッキングシートを切って手づくりしたものを使っています。)

使用する道具

・マフィン型

作り方

1.ボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで練る。グラニュー糖を加え、白っぽくふわっとなるまですり混ぜる。

ポイント:冷蔵庫から出したてのバターは固すぎて混ぜにくいので、常温で戻してから使います。固さの目安は指で押してすっと形が変わるくらいの固さです。(20℃くらい)

マフィンバター混ぜる
バターをクリーム状に混ぜる
マフィン砂糖混ぜる
グラニュー糖を加え、白くふわっとなるまで混ぜる

2.溶きほぐした卵を3回に分けて加え、その都度なめらかになるまでよく混ぜる。

ポイント:バターの油分と卵の水分が上手く混ざるように、卵は数回に分けて加え、また常温に戻したもの(15℃前後)を使います。(この作業を”乳化”と言います。)

・乳化については、こちらで詳しく解説しています。
乳化アイキャッチ【乳化】ってなに?

マフィン卵混ぜる
卵は3回に分けて加える
マフィン卵混ぜ終わり
卵を混ぜ終えたあとの状態

3.ふるった薄力粉・全粒粉・ベーキングパウダー・塩の1/3の量と牛乳の全量を加え、ヘラを使って切るようなイメージで混ぜる。粉気がなくなったら、さらに粉類の1/3量を加えて混ぜる。また粉気がなくなったら、残りの粉類を加え、生地がなめらかにつやっとなるまで混ぜる。

ポイント:ほろっとした食感を出すため、グルテンが出ないように切り混ぜる。練るようにして混ぜてしまうと、グルテンが出るため注意する。

マフィン粉と牛乳
粉類の1/3量と牛乳の全量を加えて、混ぜる
マフィン粉混ぜ終わり
粉の全量を混ぜ終えたあとの状態

4.バナナの皮をむき、縦に4等分してから、横に1㎝幅でカットする。クルミも、もし大きいものがあれば、食べやすい大きさにカットする。(2㎝くらい)
生地に加え、ヘラを使って全体にいきわたるように軽くさっくりと混ぜ合わせる。

マフィンバナナくるみ
バナナとクルミを加えて混ぜる

5.マフィン型にカップを入れ、生地を均等になるように入れる。
平らになるようにマフィン型の底を手のひらで叩く。

マフィン型入れ
紙を敷いた型に入れる

6.190℃に予熱したオーブンに入れ、33分焼く。途中、25分ほどたったところで、手前と奥を入れ替え、焼きムラを防ぐ。
焼き上がったら、型からはずし、網などにのせ粗熱をとる。

マフィン焼き上がり
焼き上がりのようす
マフィン断面
断面のようす

以上が、全粒粉のマフィンのレシピになります。

焼き立てのマフィンを頬張るのは、とても幸せな気分になれます。
是非、作ってみてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

使用した材料・道具


ドルチェ(江別製粉) / 1kg

北海道産全粒粉 春よ恋 / 500g

明治 発酵バター(食塩不使用) / 450g

フジさくらんぼ印 グラニュー糖 / 1kg

シママース / 1kg

ラムフォードアルミニウムフリーベーキングパウダー / 113g

くるみ チャンドラー種 / 100g

ベイクウェアーマフィンケーキパン / 1枚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です